【音声解説】瞑想のやり方 ~ ざっくりスピリチュアル小噺その1

  • by

※※※20191216修正 ※※※
見づらいと感じたので作り直しました。


※※※20191218修正 ※※※
聞き取りづらすぎたので読み上げソフトに頼ることにしました。





こんにちは。月島観です。

やっぱり長文は耳で聞く方がよろしいかと思いますので
語りたいことを音声動画にすることにしました。

今回は 【瞑想】 の
具体的なやり方についてお話しいたします。
瞑想の効果については
たくさんの方が動画をあげてくださっているので
そちらをご覧いただければと思います。

ざっくり一言で言うと『何も考えずにただ時間を過ごす』
ということが瞑想と呼ばれる作業です。何も考えないために一番必要なこと、それは
背筋を伸ばして頭を少し上へ向け『楽な姿勢になる』こと。
立っても座っても横たわっても良いでしょう。
ただし、頭を下向きにしてはいけません。
自然と嫌な思い出が蘇ってしまいます。

中には具体的にポーズを指定するやり方もあるようですが
人により体の状態はそれぞれなので
ご自身が楽だと思う姿勢になるのが一番良いと思います。

目は開けても閉じても良いですが、
慣れないうちは視覚情報があると
瞑想に入りにくいかと思いますので
目を閉じた方がやりやすいのではないでしょうか。

慣れないうちは『何も考えない』ということが
難しく感じる方もいらっしゃると思います。
人間は、自然と色々なことを考えてしまう生き物なので
それは仕方がないことなのです。

何も考えないようにするための誘導法はいくつかありますが
わたしのオススメを、3つご紹介します。

① なにか1つの動作に集中する
景色の一点のみを見つめる、祝詞を唱える、
自分の呼吸(この場合は腹式呼吸)に集中する、など
なにか1つの動作に集中すると
『何も考えない』=瞑想状態に入りやすくなります。
この方法は サマタ瞑想 と呼ばれています。

② 思い出した光景を受け入れて、放置する
思い出が止まらない・・・そんな時は
そのまま考えこんでしまうのではなく、
思い出した光景を受け入れて、スルーしてしまいましょう。
すると、そのうち思い浮かぶ事柄が減っていき、
自然と瞑想状態へ入っていきます。
この方法は ヴィパッサマー瞑想
または マインドフルネス瞑想 と呼ばれています。

③ リラックスできるBGMを流す
自然音や歌声やシンギングボウル等楽器、
メロディがあるものないもの、など、
お好みのリラクゼーションBGMを流すと
瞑想状態に入りやすくなります。

方法は以上です。
ちゃんと瞑想ができるようになると、
脳がとても心地よくなり
すっきりとした気分になります。

慣れないと 「瞑想しなきゃ!」 と身構えてしまい
かえって疲れが増すこともあるようですが
これはおそらく脳が何かを考えてしまっている、
つまり、ちゃんと瞑想をできていないのだと思います。

実はわたし自身は、
①と②の方法にそれぞれ名前があるということを
この動画の為の下調べの時に初めて知りました。

それくらいの雑な認識で
①②③の方法を実践していましたが、
瞑想中はちゃんと脳が心地よくなっていたので
やり方は間違っていないようです。

ご興味のある方は、
どうぞご自分のやりやすい方法で
瞑想をしてみてくださいね。

最後までご視聴いただき、ありがとうございました!



チャンネル登録をしていただくと、香箱座の最新のオススメ動画などが通知されたりします。
コメントいいね!を押して応援していただけると
ますます頑張れます!!

https://youtu.be/kHmA2lFPQKc