両剣水晶 ダイヤモンドクォーツ(パキスタン)

  • by

パキスタン・バローチスタン州産両剣水晶
通称「ダイヤモンドクォーツ」



両剣水晶(ダブルポイント水晶、ダブルターミネイテッド水晶)は、粘土などの柔らかい地質の中で基盤となる石(母岩)がない場所で両端に成長します。
両剣水晶といえばアメリカ・ニューヨーク州産の「ハーキマーダイヤモンド」が有名ですが、パキスタン産の「ダイヤモンドクォーツ」はより大きく美しい結晶が産出します。
ウルドゥー語で「清浄な地」を意味するパキスタンで産する石たちは、他の産地より清らかな性質なのかもしれません。

この両剣水晶はビーズ穴あけ加工以外は採掘時の姿のままなので近くで見るとワイルドな雰囲気がありますが、結晶面が多く光が当たると反射してキラキラと輝き気品があるので、さまざまなコーディネイトをお楽しみいただけます。
また、稀に結晶内に石油が入り込んでいることがあり、そのような石はブラックライトで蛍光します。

↓ はブラックライト下のダイヤモンドクォーツ。蛍光する1粒を拡大すると、ダイヤモンドクォーツ内の黄色っぽい内包物が蛍光していることがわかる。画像が荒くて申し訳ないです m(‗ ‗)m

★硬度 7 ガラスや鋼鉄などに傷をつけることができる

★水晶の意味「浄化」「健康」「魔除け」

★化学組成 SiO2

実は【水晶】と【ガラス】の化学組成は同じです。
結晶化している=原子の配列が規則的で強固なのが 【水晶】
結晶化していない=原子の配列がバラバラでもろいのが 【ガラス】
そのため、同じ化学組成でありながら水晶は硬度7でガラスは硬度4~5程度と、ひっかきに対する強さには大きく差があります。



【単価表】
Sサイズ(約2.5×2.5×5.0㎜前後) ¥100
Mサイズ(約3.5×3.5×6.0㎜前後) ¥200
Lサイズ(約4.0×3.5×7.0㎜前後) ¥300



お問い合わせはこちらから!

※注意※
ご連絡をいただいた時点で在庫がなくなっている場合や、その時の仕入れ状況により価格が変動する可能性もございます。まずはお問い合わせくださいませ。